ホウオウゴケの育て方と特徴|栽培に必要な環境(光量・気温・湿度)と水槽(テラリウム・ボトル)への適応度

 


ホウオウゴケの育て方と特徴について解説するとともに、栽培に必要な環境(光量・気温・湿度・土質)および水槽(テラリウム)や苔ボトルへの適応度についてもご紹介します。

ホウオウゴケの分類と学名

ホウオウゴケ科
Fissidens nobilis

ホウオウゴケの分布と自生環境

日本全土、朝鮮、中国、インド、ネパール、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ニューギニア、フィジーに分布しており、渓流沿いの常に水の滴る岩上に自生しています。

ホウオウゴケの特徴と育て方

育てるのに必要な光の強さ

本種は直射日光を嫌い、やや暗めの木漏れ日程度の明るさを好みます。室内では白色LED照明で育ちます。

育てるのに適切な気温について

本種は暑さを嫌いますので、夏場は乾燥しないように蓋をした状態でクーラーのある場所に置くか、テラリウムの場合は栽培水をチラーで冷却すると良く育ちます。

育てるのに必要な湿度について

本種は乾燥を極度に嫌いますので、常に葉が濡れた状態を保つ必要があります。

生育に適した土質とPh

本種は弱酸性〜中性を好み、富栄養は嫌いますので石や岩の上に置いて栽培します。

テラリウムやボトルへの適応度

本種はテラリウムやボトルへの相性はとても良いですが、暑さを嫌いますので夏場はクーラーの効いた場所に置くようにします。

主な苔の育て方

最後に、苔テラリウムや苔ボトルに使われるコケやシダ(原始シダ)のご紹介をしていきます。各リンク先ではそれぞれの種類の特徴・育て方を解説していますので、どうぞご活用ください。

タマゴケ


ホソウリゴケ


スナゴケ


ハイゴケ


ホソバオキナゴケ


アラハシラガゴケ




シノブゴケ



シノブゴケの育て方

コウヤノマンネングサ



ウチワゴケの育て方

コケシノブ(シダ)


マメヅタ(シダ)


トウゲシバ(シダ)


トウゲシバの育て方

ヒカゲノカズラ(シダ)



スポンサーリンク
スポンサーリンク