サイト内検索

オルタネイトグリップ|そのメリット・デメリットと使い方

6940701913_a372b9da1f_b-crop.jpg

バーベルデッドリフトをはじめ、バーベルプル系種目で多用されるオルタネイトグリップのメリット・デメリットおよび握り方について解説します。

オルタネイトグリップとは?

オルタネイトグリップは英語で表記すると"alternate grip"となり、その意味は「交互に握る」です。

つまり、片方の手はノーマルグリップ(手の平が手前を向く握り方)、もう片方の手はリバースグリップ(手の甲が手前を向く握り方)でバーベルシャフトやマシンバーを握るグリップ方法がオルタネイトグリップです。

alternate

語源

ラテン語:alternō (“交互に行う”)、alternus (“交互に”)

動詞

alternate (三単現: alternates, 現在分詞: alternating, 過去形: alternated, 過去分詞: alternated )

交互に起きる。交互に行う。

引用:Wiktionary「alternate」

オルタネイトグリップのメリット

6940701913_a372b9da1f_b.jpg

オルタネイトグリップのメリットは、左右の手を交互にすることでバーベルに対して身体が前のめりになることを防ぎ、また、バーベルの横方向への回転が抑えられる点です。

特に、高重量デッドリフトやベントオーバーローでは、オルタネイトグリップがスタンダードな握り方と言えるほど普及しています。

オルタネイトグリップのデメリット

オルタネイトグリップのデメリットとしては、特にトレーニングとしての高重量デッドリフトなどで、筋肉に対して左右非対称(アンシンメトリカル)な効き方をしてしまうという点です。

ただし、これは1セット目と2セット目で左右の手の握り方を逆にするなどして回避することができます。

オルタネイトグリップが有効な種目

スミスマシンデッドリフト
Tバーローイング
バーベルデッドリフト
バーベルベントオーバーロウ

筋力トレーニングと食事の基礎知識

筋力トレーニングを実施したら、そこで満足して終わるのではなく、トレーニング効果を最大限高める食事・栄養摂取をする必要があります。

筋力トレーニングと食事


筋トレ情報コーナーについて

当コーナーでは、ジムトレーナーを職業とするメンバーと生物学の専門知識を持つ博物館学芸員のメンバーが共同で執筆・制作した筋肉の構造・作用および筋力トレーニング各種目の解説記事を公開しています。マリンスポーツの補助としてだけでなく、あらゆる目的での筋力トレーニングに対応した内容です。


筋トレ情報コーナートップページはこちら

トレーニングギア解説

筋トレ情報コーナー協賛企業様

当コーナーでは、以下の協賛企業様よりトレーニング関係の画像および知見などを提供していただいています。また、筋トレ効果を高める各種トレーニング用品は下記リンク先をご参照ください。

株式会社ONI「武器屋.net・鬼ジム24」


株式会社ONI(武器屋.net|鬼ジム24)

MazurenkoJapan


マジョレンコ製作所日本正規輸入代理店


スポンサーリンク
スポンサーリンク