サイト内検索

スクワットで膝に負担をかけないやり方|つま先との位置関係と向きに注意する

スクワットは下半身全体に非常に効果の高いトレーニング方法ですが、やり方を間違えると膝関節に強い負担がかかってしまうので注意が必要です。

膝に負担の少ないスクワットのやり方・ポイントを解説します。

膝を痛めないスクワットのポイントは3つ

スクワットで膝を痛めないためのポイント・注意点は3つです。それらを順番に解説していきます。

①膝をつま先よりも前に出さない

もっとも大切なポイントは、しゃがんだ時に膝をつま先よりも前に出さないということです。

膝がつま先よりも前に出ると、その瞬間から体重は太ももの筋力だけでなく「膝靭帯・関節の張力」で支えることになりますので、膝をつま先よりも前に出すフォームでスクワット運動を続けていると、ほぼ間違いなく膝を痛めます。

膝はつま先よりも前に出さないでください。

膝をつま先より前に出さないための意識

膝をつま先よりも前に出さないようにしゃがむために大切な意識は「お尻を突き出しやや斜め後方に腰を下ろす」ということです。

この、「お尻を突き出しやや斜め後方に腰を下ろす」動きを身につけるのに有効な練習方法が、「椅子スクワット」で、椅子に座る動作がスクワットの正しいしゃがみ方だということが体感できます。

膝をつま先より前に出さないための工夫

股関節が固い方は、膝をつま先より前に出さずにしゃがむのが難しい場合も少なくありません。そのような場合は、かかとに数cmの板などを置いて、踏んで行うことで比較的簡単に膝を出さずにしゃがむことが可能です。

②つま先の向きに膝を向ける

内股や外股になってスクワットを行うと、つま先の向きと膝の向きがずれてしまい、結果として膝関節に強い捻れ負荷がかかってしまいます。これを防ぐためには、常につま先の向きに膝を向けて動作を行うように意識してください。

③反動を使わない

しゃがんだ状態から、反動をつけて勢いで立ち上がると、筋力だけでなく膝周辺の靭帯の張力も使って立ち上がることになりますので、続けているとかなり高い確率で膝を痛めてしまいます。

しゃがむ深さは太ももが床と並行になる程度にとどめ、なおかつ、しゃがんだ位置で一瞬静止し、完全に筋力だけで立ち上がるようにしてください。

スクワット系種目一覧



筋力トレーニングと食事の基礎知識

筋力トレーニングを実施したら、そこで満足して終わるのではなく、トレーニング効果を最大限高める食事・栄養摂取をする必要があります。

筋力トレーニングと食事


筋トレ情報コーナーについて

当コーナーでは、ジムトレーナーを職業とするメンバーと生物学の専門知識を持つ博物館学芸員のメンバーが共同で執筆・制作した筋肉の構造・作用および筋力トレーニング各種目の解説記事を公開しています。マリンスポーツの補助としてだけでなく、あらゆる目的での筋力トレーニングに対応した内容です。


筋トレ情報コーナートップページはこちら

トレーニングギア解説

筋トレ情報コーナー協賛企業様

当コーナーでは、以下の協賛企業様よりトレーニング関係の画像および知見などを提供していただいています。また、筋トレ効果を高める各種トレーニング用品は下記リンク先をご参照ください。

株式会社ONI「武器屋.net・鬼ジム24」


株式会社ONI(武器屋.net|鬼ジム24)

MazurenkoJapan


マジョレンコ製作所日本正規輸入代理店


スポンサーリンク
スポンサーリンク