サイト内検索

【スクアリコラックス生態フリー画像図鑑】絶滅化石種の生息年代・大きさ・特徴などを生物学博物館学芸員が解説



スクアリコラックスの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

スクアリコラックスとはどんな生き物?

スクアリコラックス(学名:Squalicorax)は、白亜紀に生息していたサメである。スクアリコラクスと表記されることも多い。学名の意味はカラスザメを示す。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スクアリコラックス

スクアリコラックスの分布


スクアリコラックスの化石はヨーロッパ・南北アメリカ大陸、アフリカ大陸・中近東・インド・日本・オセアニア・ロシアなど広範囲で発見されており、世界中に広範囲に分布していたと考えられています。

スクアリコラックスの大きさ

スクアリコラックスは最大全長5mと大型のサメ類です。

スクアリコラックスの生息年代



スクアリコラックスは白亜紀初期に出現し、白亜紀末に絶滅しました。

スクアリコラックスの生態的特徴


スクアリコラックスは肉食性で、魚類やウミガメ類を捕食していたと考えられています。

古代生物の種類図鑑



【古代生物種類図鑑】絶滅最強生物たちの画像・動画紹介|古生代・中生代・新生代の一覧

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク