サイト内検索

【スカパノリンクス生態フリー画像図鑑】絶滅化石種の生息年代・大きさ・特徴などを生物学博物館学芸員が解説



スカパノリンクスの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

スカパノリンクスとはどんな生き物?

スカパノリンクス(Scapanorhynchus)は、白亜紀初期から新第三紀中新世まで生息していた小型のサメである。ミツクリザメを近縁種に持つ。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スカパノリンクス

スカパノリンクスの分布



スカパノリンクスの化石はギリシャなどヨーロッパ地域で発見されています。

スカパノリンクスの大きさ

スカパノリンクスは最大全長3mに達したと推測されています。

スカパノリンクスの生息年代



スカパノリンクスは白亜紀初期から新第三紀中新世にかけて生息していました。

スカパノリンクスの生態的特徴

スカパノリンクスは現生のミツクリザメに近い生態を持ち、深海性で底生生物を広く捕食していたと考えられています。

古代生物の種類図鑑



【古代生物種類図鑑】絶滅最強生物たちの画像・動画紹介|古生代・中生代・新生代の一覧

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク