サイト内検索

【ヒボドゥス生態フリー画像図鑑】絶滅化石種の生息年代・大きさ・特徴などを生物学博物館学芸員が解説



ヒボドゥスの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ヒボドゥスとはどんな生き物?

ヒボドゥス(学名:hybodus)は、絶滅した軟骨魚綱の属。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒボドゥス

ヒボドゥスの分布


ヒボドゥスの化石は世界各地から発見されており、世界中の浅海に生息していたと考えられています。

ヒボドゥスの大きさ

ヒボドゥスは最大全長2.5mと中型のサメ類でした。

ヒボドゥスの生息年代



ヒボドゥスはペルム紀に出現し、三畳紀・ジュラ紀・白亜紀と繁栄しましたが、白亜紀末に絶滅しました。

ヒボドゥスの生態的特徴

ヒボドゥスは異なる2種類の歯を持つことから、現生のホホジロザメのように獰猛ではなく、中型から小型の幅広い生物を捕食していたと推測されています。

古代生物の種類図鑑



【古代生物種類図鑑】絶滅最強生物たちの画像・動画紹介|古生代・中生代・新生代の一覧

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク