サイト内検索

【ミツクリザメ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



ミツクリザメの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ミツクリザメとはどんな生き物?

ミツクリザメ(箕作鮫、学名:Mitsukurina owstoni、英: Goblin shark)は、ネズミザメ目ミツクリザメ科に属するサメ。ミツクリザメ科はミツクリザメ属 Mitsukurina 1属で、本種のみを含む。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ミツクリザメ

ミツクリザメの分布


ミツクリザメは世界各地から採集例があり、1000m以上の深海に生息している深海魚です。

ミツクリザメの大きさ



これまでに記録されているミツクリザメの最大全長は3.1mです。

ミツクリザメの餌


ミツクリザメは独特の形状をした吻と口を持っています。この吻を使って海底の砂泥を掘り起こし、エビ類やイカ類を捕食しています。

ミツクリザメの繁殖

ミツクリザメの繁殖形態はまだ解明されていませんが、ネズミザメ目に一般的な卵食型の繁殖形態を持つと考えられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク