サイト内検索

【クレトキシリナ生態フリー画像図鑑】絶滅化石種の生息年代・大きさ・特徴などを生物学博物館学芸員が解説



クレトキシリナの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

クレトキシリナとはどんな生き物?

クレトキシリナ(学名: Cretoxyrhina)は、白亜紀前期のアルビアンから白亜紀後期のカンパニアンまで生息していたサメである。クレトキシリナは形態学的特徴や生態的地位が現代のホオジロザメと類似している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/クレトキシリナ

クレトキシリナの分布

クレトキシリナの化石は北アメリカ大陸西部で多く発見されています。

クレトキシリナの大きさ

クレトキシリナは最大全長7mと現生のホホジロザメよりも巨大であったと考えられています。

クレトキシリナの生息年代



クレトキシリナは白亜紀に生息していました。

クレトキシリナの生態的特徴



クレトキシリナはモササウルス・プレシオサウルスといった魚竜や古代ウミガメのアーケロンなどを捕食していたと考えられています。



また、海面スレスレを飛ぶプテラノドン(翼竜)をも捕食していたと考えられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク