サイト内検索

【クセナカンサス生態フリー画像図鑑】絶滅化石種の生息年代・大きさ・特徴などを生物学博物館学芸員が解説



クセナカンサスの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

クセナカンサスとはどんな生き物?

クセナカンサスまたはクセナカンタス(学名:Xenacanthus)は、先史時代のサメの属。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/クセナカンサス

クセナカンサスの分布


クセナカンサスの化石はブラジルで発見されています。

クセナカンサスの大きさ

クセナカンサスは全長1m程度でした。

クセナカンサスの生息年代

 

クセナカンサスはデボン紀から三畳紀にかけて生息していました。

クセナカンサスの生態的特徴


クセナカンサスは淡水性のサメで、頭部に1本の長い棘を持っていました。この棘は有毒であったと推測されています。小型の魚類や甲殻類を捕食していたと考えられています。

古代生物の種類図鑑



スポンサーリンク
スポンサーリンク