サイト内検索

【タヌキ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



タヌキの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

タヌキとはどんな生き物?

タヌキ(狸、Nyctereutes procyonoides)は、哺乳綱食肉目イヌ科タヌキ属に分類される食肉類。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/タヌキ

タヌキの分布


タヌキの本来の分布域は上図青の極東地域ですが、毛皮目的の移入の結果、現在はロシアからヨーロッパにかけても生息しています。

タヌキの大きさ


タヌキは体長50~65cm・体重6~10kgと中型犬程度の大きさです。

タヌキの餌


タヌキは肉食傾向の強い雑食性で、齧歯類・鳥類・両生類・魚類・昆虫類・甲殻類などのほか果実や種子なども食べます。

タヌキの繁殖


タヌキはペアで生活し、ペアのつながりは強く基本的に終生同一のペアで暮らします。繁殖期は冬期で、妊娠期間は50~60日、春先に5頭前後を出産します。

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク