サイト内検索

【ヒグマ(グリズリー)生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



ヒグマの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ヒグマとはどんな生き物?

ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)は、クマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒグマ

ヒグマの分布



ヒグマはヨーロッパからアジアにかけてのユーラシア大陸と北アメリカ大陸の針葉樹林を中心とした森林地帯に分布しています。

ヒグマの餌



ヒグマは雑食性ですが肉食傾向が強く、シカ・イノシシからネズミまで大小の哺乳類、サケ・マスといった魚類のほか果実などを主に食べています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク