サイト内検索

【アオザメ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



アオザメの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

アオザメとはどんな生き物?

アオザメ 学名:Isurus oxyrinchus (青鮫、英名:Shortfin mako shark)は、ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメ。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アオザメ

アオザメの大きさ



標準的なアオザメは全長3m・体重120kgほどで、記録されている最大サイズは全長4m・体重500kgです。

アオザメの分布



アオザメは世界の寒帯・温帯・熱帯に広く分布しており、外洋回遊性を持っています。

世界最速のサメ



アオザメは18ノット(時速35km)で泳ぐことができ、これはサメ類としては世界最高速度です。これは、奇網と呼ばれる筋肉周辺の毛細血管を持ち、海水温よりも筋肉の温度を高く維持できることに起因しています。

アオザメの餌



アオザメは肉食性で、魚類・水鳥類、時には海生哺乳類も捕食すると考えられています。

アオザメの繁殖

アオザメは3年に1度のペースで繁殖を行い、妊娠期間は15~18ヶ月で4~25尾の稚魚を出産します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク