サイト内検索

【イタチザメ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



イタチザメの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

イタチザメとはどんな生き物?

イタチザメ (鼬鮫、学名:Galeocerdo cuvier)は、 メジロザメ目イタチザメ科に属するサメ。本種のみでイタチザメ科イタチザメ属を形成する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/イタチザメ

イタチザメの大きさ


イタチザメの最大サイズは全長350cm・体重600kgと、肉食サメ類としてはかなり巨大な部類に入ります。全長740cm・体重3110kgとホオジロザメに匹敵するサイズの個体も捕獲された記録があります。

イタチザメの分布


イタチザメは世界各地の温帯~熱帯域に分布しています。沿岸性が強い種類ですが、外洋に進出することもあります。

イタチザメの餌



イタチザメは非常に貪欲な種類で、海生哺乳類・水鳥類・魚類・頭足類・甲殻類まで何でも手当たり次第に捕食します。このため、人間もその対象となってしまう事故も少なくありません。

イタチザメの繁殖

イタチザメは卵胎生で、14~16ヶ月の妊娠期間の後に平均で30尾前後の稚魚を産みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク