サイト内検索

【アメンボの飼い方図鑑】生態的特長と飼育・餌・繁殖方法について博物館学芸員が解説



アメンボについて写真集形式で解説するとともに、20年以上、生物学学芸員として博物館施設に勤務し、昆虫が専門分野の一つである筆者が、その飼育方法についてご紹介していきます。

アメンボとはどんな生き物?

アメンボ(水黽、水馬、飴坊、飴棒)は、昆虫綱半翅目アメンボ科の総称である。「アメンボ」は、アメンボ科の1種 Aquarius paludum 別名ナミアメンボの和名でもある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アメンボ

アメンボの成虫の飼い方

アメンボの成虫は水面に落下した小昆虫を捕まえて、その体液を吸います。また、死んで浮いた魚などにも群がり体液を吸います。飼育下では餌用に培養したコオロギやショウジョウバエを与えます。

アメンボの繁殖と幼虫飼育


アメンボは非常に簡単に交尾をし、水際のちょっとした隙間にも産卵しますので、繁殖は比較的容易です。幼虫も蛹の時期のない不完全変態なので成虫まで育てること自体は用意ですが、大変なのは若例幼虫に与える小さな餌の確保で、実際には餌コオロギ幼虫のSSサイズを与えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク