【ハンミョウ写真集&飼い方】川原の虹色の甲中の飼育方法を解説



ハンミョウ(ナミハンミョウ)について写真集形式で解説するとともに、20年以上、生物学学芸員として博物館施設に勤務し、昆虫が専門分野の一つである筆者が、その飼育方法についてご紹介していきます。

■ナミハンミョウの特徴

分類:コウチュウ目オサムシ科
学名:Cicindela japonica

分布:日本列島のなかでも本州島の南側地域・四国島・九州島・対馬島・種子島・屋久島

ナミハンミョウは川原や乾いた荒れ地に見られる甲虫の仲間で、人のあるく先を跳び跳ねていくように見えることから「道案内をする虫」と呼ばれることもあります。

虹色の美しい体色をしている、人気の高い昆虫です。

■ナミハンミョウの飼い方

●成虫飼育は容易だが繁殖・幼虫飼育は困難

ナミハンミョウは肉食性の昆虫で、成虫・幼虫ともに生きた昆虫を捕食します。

成虫は餌コオロギやミルワームなど何でも食べるので、比較的飼育は容易です。

幼虫は地面に素穴を掘り、近くを通る昆虫を捕食する習性があるため、その環境の再現が難しく、本種の繁殖は飼育下ではかなり困難です。

■ナミハンミョウの画像集

ネットのフリー画像から集めた写真を並べてご紹介していきますので、どうぞご覧ください。







スポンサーリンク
スポンサーリンク