【ササキリ写真集&飼い方】キリギリスより少し小さな草原の鳴く虫



ササキリについて写真集形式で解説するとともに、20年以上、生物学学芸員として博物館施設に勤務し、昆虫が専門分野の一つである筆者が、その飼育方法についてご紹介していきます。

■ササキリの特徴

分類:バッタ目キリギリス科
学名:Conocephalus melaenus

分布:中国、台湾、東南アジア、日本(本州、四国、九州、屋久島、種子島、沖縄本島、西表島)

ササキリはキリギリスより少し小型の鳴く虫で、イネ科雑草の多い草原に見られます。キリギリスにそっくりですが、一回り小さなことと、シリシリと小さな声で鳴くことが見分けるポイントです。

6月頃に孵化し、8月に成虫になるため、キリギリスよりも少し遅れて出現します。

■ササキリの飼い方

●比較的簡単に飼育できる

ササキリは飼育下ではナスやキュウリなどの野菜をよく食べるため、鳴く虫としては飼いやすい部類に入ります。

秋になり産卵が近づいたメスは動物タンパク質を欲しがるようになり、餌が野菜だけだと共食いを起こしますので、カツオブシなどを与えるようにしましょう。

飼育ケースに5cmほど土を入れておけば簡単に産卵しますが、翌年の孵化には低温刺激が必要ですので、冬期は日の当たらない屋外にケースを置き、十分に冷たくしてください。

■ササキリの画像集

ネットのフリー画像から集めた写真を並べてご紹介していきますので、どうぞご覧ください。







スポンサーリンク
スポンサーリンク