サイト内検索

【ヘラクレスオオカブトの生態と飼育方法】成虫・幼虫の飼い方と繁殖方法について博物館学芸員が解説



ヘラクレスオオカブトについて生物学的な特徴を解説するとともに、20年以上、生物学学芸員として博物館施設に勤務し、昆虫が専門分野の一つで世界中のクワガタ・カブトムシの飼育経験のある筆者が、その飼育方法についてご紹介していきます。

ヘラクレスオオカブトとはどんなカブトムシ?

ヘラクレスオオカブト(学名Dynastes hercules)は、コウチュウ目(鞘翅目)カブトムシ科昆虫の一種である。世界最大のカブトムシとして知られ、最大個体は全長180mm(ミリメートル)以上に達する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘラクレスオオカブト

カブトムシの飼育の基本

常に一回り大きなケースを使うのが基本


カブトムシ飼育の基本ポイントは、考えているよりも一回り大きなケースで飼育することです。過密になると成虫はストレスで早死する傾向が強くなり、幼虫にいたっては大きく育てることが困難になります。

飼育に用いるのは上のリンクのような専門ショップから市販されているケースセットがおすすめです。ホームセンターなどで販売されている昆虫ゼリーや発効マットの安価なものは、確実に栄養分の少ない粗悪品となりますので気をつけてください。


発酵マットはこちらのようなタイプがおすすめです。外国産カブトムシを飼育するための栄養豊富な高級品ですので、かなりの大型個体の作出が期待できます。


成虫の餌におすすめなのが、こちらのようなアミノ酸配合の高級ゼリーです。一般の安価な昆虫ゼリーは、ほぼ砂糖水程度の栄養価と考えてください。大型個体作出のためには高タンパク質のゼリーをメス個体に与え、スタートラインからより大きな卵を産ませることが肝心です。

ヘラクレスオオカブトの成虫の飼い方

ヘラクレスオオカブトの成虫は30度を超えるような高温と18度を切るような低温にならないよう気をつければ、比較的に飼いやすい種類の外国産カブトムシです。

オスの闘争心もそれほど強くはありませんが、やはり喧嘩を避けるためにオスメスのペア飼育か、オス1に対してメス2個体程度の多頭飼育がよいでしょう。

なお、本種の後翅が茶色くなるのは、空腹でなおかつ水分失調気味の時で、健康状態が良い時は後翅は真っ黒です。後翅が茶色くならないようにすることを目安に湿度を整えるとよいでしょう。

ヘラクレスオオカブトの繁殖と幼虫飼育

ヘラクレスオオカブトは比較的簡単に産卵をしますので、産卵自体の難易度は高くありません。

幼虫は18度を切るような低温だと死んでしまいますので、マットヒーターなどを使って飼育容器ごと温める必要があります。また、あまり高い温度で幼虫を飼育すると早期に成虫になってしまいますので、大型個体の作出のためには23~26度で温度調整するとよいでしょう。

なお、本種の幼虫期館はとても長く、およそ2年間は幼虫で過ごしますので、気長に飼育してください。そして、かなりの大食漢ですので2~3か月おきにはマットを交換してください。

関連記事


【カブトムシ種類図鑑&飼育方法】国産幼虫の越冬から外国産大型種まで徹底紹介


【クワガタ種類図鑑&飼育方法】成虫の越冬方法や幼虫の菌糸ビン飼育まで完全紹介


スポンサーリンク
スポンサーリンク