サイト内検索

【メガマウス生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



メガマウスの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

メガマウスとはどんな生き物?

メガマウスザメ 学名:Megachasma pelagios(英: Megamouth Shark)は、ネズミザメ目メガマウスザメ科に属するサメ。本種のみでメガマウスザメ属(Megachasma)を構成する

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/メガマウス

メガマウスの分布



メガマウスは世界中の海洋の熱帯~亜熱帯粋の水深200m前後のやや深い海域を回遊して生活しています。

メガマウスの大きさ


メガマウスは世界的にも捕獲例が少ないものの、これまで確認された最大の個体は全長約7mとウバザメに近い巨大さがあることで知られています。

メガマウスの餌



メガマウスはプランクトン食で、その大きな口を明けたまま回遊し、海水を鰓で濾過してプランクトンを濾しとって摂食しています。

メガマウスの繁殖

メガマウスは卵胎生であると推測されていますが、まだ妊娠している個体が捕獲されていないため、詳細は不明です。

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク