サイト内検索

【ホホジロザメ(ホオジロザメ)生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



ホホジロザメ(ホオジロザメ)の生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ホホジロザメ(ホオジロザメ)とはどんな生き物?

ホホジロザメ(頬白鮫、Carcharodon carcharias)は、ネズミザメ目ネズミザメ科ホホジロザメ属に分類されるサメ。本種のみでホホジロザメ属を形成する。「白い死神」とも呼ばれる。別名ホオジロザメ。ホホジロザメの名称は日本魚類学会発行の『日本産魚類目録』に記載された標準和名である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ホホジロザメ(ホオジロザメ)

ホホジロザメ(ホオジロザメ)の分布



ホホジロザメ(ホオジロザメ)は寒帯を除く世界中のほぼ全ての海域に分布しています。

ホホジロザメ(ホオジロザメ)の大きさ



ホホジロザメ(ホオジロザメ)は全長4~4.8m・体重700~1100kgにもなる巨大種で、現生する肉食サメ類としては最大の大きさを持っています。

ホホジロザメ(ホオジロザメ)の餌



ホホジロザメ(ホオジロザメ)はイルカ・オットセイ・アザラシといった海生哺乳類を好んで捕食します。このほかにも、魚類・水鳥類や時にクジラの死骸も食べます。

ホホジロザメ(ホオジロザメ)の繁殖



ホホジロザメ(ホオジロザメ)は卵胎生で、一度に2~15匹ほどの稚魚を生みます。卵の発生期間については判明していません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク