サイト内検索

【ナマケグマ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



ナマケグマの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ナマケグマとはどんな生き物?

ナマケグマ(懶熊、学名: Melursus ursinus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科ナマケグマ属に分類されるクマ。本種のみでナマケグマ属を構成する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナマケグマ

ナマケグマの分布



ナマケグマはインド亜大陸を中心にスリランカにも分布しています。

ナマケグマの餌



ナマケグマは主にシロアリを食べますが雑食性で、シロアリ以外の昆虫・鳥類の卵といった動物質のほか、花・果実蜂蜜といった植物質も食べます。

ナマケグマの繁殖



ナマケグマの妊娠期間は6~7ヶ月で、一度に2頭を出産します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク