サイト内検索

【メガネグマ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



メガネグマの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

メガネグマとはどんな生き物?

メガネグマ(眼鏡熊、Tremarctos ornatus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科メガネグマ属に分類されるクマ。現生種では本種のみでメガネグマ属を構成する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/メガネグマ

メガネグマの分布



メガネグマは南アメリカ大陸北西部(エクアドル・コロンビア・ペルー・ベネズエラ・ボリビア)に分布しています。

メガネグマの餌



メガネグマは植物食傾向の強い雑食性をしており、果実のほか木の葉・樹皮といった植物質、昆虫・小型哺乳類なども食べます。

メガネグマの繁殖



メガネグマの妊娠期間は160~220日で1回の出産で1~3頭を産みます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク