サイト内検索

【ヒラタクワガタの生態と飼育方法】成虫・幼虫の飼い方と繁殖方法について博物館学芸員が解説



ヒラタクワガタについて生物学的な特徴を解説するとともに、20年以上、生物学学芸員として博物館施設に勤務し、昆虫が専門分野の一つで世界中のクワガタ・カブトムシの飼育経験のある筆者が、その飼育方法についてご紹介していきます。

ヒラタクワガタとはどんなクワガタ?

ヒラタクワガタ(平鍬形、Dorcus titanus)は、コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属ヒラタクワガタ亜属の1種で、オオクワガタ属の中で最大種である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒラタクワガタ
※日本国内においてはヒラタクワガタよりもオオクワガタのほうが大型。海外ではパラワンヒラタやスマトラヒラタのほうが大きい。

クワガタムシの飼育の基本



クワガタムシの成虫の飼育環境は、基本的には国内・海外を問わず全ての種類に共通で、プらケースに広葉樹マットを敷き、クヌギ・コナラなどの産卵木を置き、餌として昆虫ゼリーを与えます。適切な温度・湿度であればほとんどの種類が問題なく産卵します。



クワガタの幼虫の飼育は種類によって異なります。オオクワガタ・ヒラタクワガタなどドルクス属のクワガタは菌糸ビンで育てると大きくすることができます。一方、それ以外の非ドルクス属幼虫は菌糸を消化吸収できないため発酵マットを使います。なお、ドルクス属の幼虫はやや小さく育ちますが発酵マットでも飼育可能です。

ヒラタクワガタの成虫の飼い方

ヒラタクワガタの成虫は、近縁のオオクワガタに比べるとずいぶんと気性が荒く、また、大顎の先端が鋭いため多頭飼育の場合は喧嘩で致命傷になりやい種類です。このため、完全ペア飼育がおすすめで、交尾を確認したらメスだけ産卵用の別ケースに隔離するのが無難です。なお、メス同士の喧嘩はあまりありません。

飼育気温が20度以上で交尾・産卵をし、難易度は高くありません。気温が10度を切ると島民状態に入ります。本種は、しっかりと冬眠をさせれば成虫で2年は生きる長命な種類です。なお、加温して冬眠させない場合の成虫寿命は1年弱です。

ヒラタクワガタの繁殖と幼虫飼育

ヒラタクワガタはクヌギやコナラのホダ木(いわゆる産卵木)によく産卵します。交尾確認から1ヶ月ほどしてから産卵木を割って幼虫を取り出します。

この時に、まだ幼虫が初齢であれば2齢になるまでは発酵マットで育てます。2齢以降は菌糸ビンとの相性がよく、大型個体作出の場合は菌糸ビン飼育の一択になります。

通常は1年で羽化しますが、夏場も涼しく保ちゆっくりと2年をかけて幼虫を育てると大型の成虫になります。なお、本種(オス)は成虫になるまでに3~4本の菌糸ビンが必要です。

関連記事


【カブトムシ種類図鑑&飼育方法】国産幼虫の越冬から外国産大型種まで徹底紹介


【クワガタ種類図鑑&飼育方法】成虫の越冬方法や幼虫の菌糸ビン飼育まで完全紹介


スポンサーリンク
スポンサーリンク