サイト内検索

【オオセ生態フリー画像図鑑】分布・大きさ・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



オオセの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

オオセとはどんな生き物?

オオセ 学名:Orectolobus japonicus(大瀬、英: Japanese wobbegong)は、テンジクザメ目オオセ科に属するサメ。キリノトブカなど地方名多数。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/オオセ

オオセの分布



オオセは太平洋西部の日本南部から朝鮮半島沿岸、フィリピン・東シナ海・東南アジアの沿岸海域に分布しています。水深200m以浅の砂泥質の海底を好みますが、岩礁・サンゴ礁などにも生息しています。

オオセの大きさ

オオセは最大全長1mの小型のサメ類です。

オオセの繁殖

オオセは卵胎生で、妊娠期間は約1年です。一度に20匹前後の稚魚を産みます。

オオセの食性

オオセは底生の魚類や甲殻類などを捕食しています。

サメの種類図鑑


【サメ種類図鑑・全9目一覧】生物学芸員が各種(巨大・凶暴[人食い]・深海・希少など)のほか化石・古代のものも解説

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク