【ハスの飼い方】琵琶湖の肉食コイ科魚類の飼育方法



ハス(コイ科)の家庭水槽での初心者向き飼い方を博物館学芸員の筆者が、長年の経験をもとに解説します。

■ハスの特徴と飼い方

●生き餌で飼育し高温に気をつける

適正水質:中性~弱酸性
適正水温:0~26℃
餌の種類:小赤・メダカなどの生き餌
繁殖:困難
混泳:困難

ハスはバスやブルーギルといっま外来魚が帰化するまでは、従来の日本の淡水魚生態系において食物連鎖の頂点に立つ肉食コイ科魚類でした。

餌はメダカや小赤などの生き餌が基本ですが、慣れてくるとキャットなど肉食魚用配合餌料も食べるようになります。

やや高温に弱い傾向がありますので、水槽用ファンをつけるか、場合によってはチラーを設置して夏場の暑さ対策をしてください。

なお、食べてしまうので、他種との混泳は困難です。

※遺伝子のかく乱を避けるため、入手した日本産淡水魚は野外へは放流せずに必ず最後まで飼いきるようにしてください。

※日本産淡水魚は種類・地域により保護されている場合がありますので、野外採集はせずブリード個体を入手してください。

■初心者向き家庭用水槽セット

●エアーフィルターor上部フィルターor外部フィルターの三択

家庭用の水槽セットには、大きくエアーフィルター・上部フィルター・外部フィルターの三種類のシステムがあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

・エアーフィルター



もっともシンプルな水槽セット・システムでトラブルが少なく扱いやすい反面、ろ過能力は低めで週一回頻度の水換えとフィルター掃除が必要です。水草には不向きです。

・上部フィルター



もっとも一般的な家庭用水槽セット・システムでメンテナンスが簡単で、フィルター掃除や水換えも月に一回頻度でかまいません。水草には不向きです。

・外部フィルター

powerfilter.jpg

もっとも高性能な家庭用水槽セット・システムで水換えは月に一回、フィルター掃除は年数回でかまいません。水草を楽しむなら必須のシステムです。

これら三種類のろ過システムから、飼育したい魚の数や水草の有無で適正なタイプを決めてください。

▼おすすめ水槽セット

【おすすめ水槽セット】初心者のアクアリウム立ち上げと飼育法|生体通販販売価格もご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク