鳥羽水族館夏スペシャル展示|これウソホント?もっとへんな生きもの


鳥羽水族館の夏休みスペシャル展示「これウソホント?もっとへんな生きもの」を見て来ましたのでご紹介します。

鳥羽水族館のなかでもマニアックな人気を誇る「へんな生きもの研究所」に、この夏限定でもっとへんな生きものたちが勢揃いしています。

■夏限定のへんな生きものたち

●アフリカ肺魚の夏眠


ます目を引くのが、アフリカ肺魚の夏眠展示です。人工的に夏眠させていく過程などもパネルで説明されています。


こちらが、アフリカ肺魚の夏眠に関する解説パネルです。

●木に登れないキノボリウオ


木に登れないのにキノボリウオと名前がつけられた魚です。グーラミーの仲間で、空気呼吸のためのラビリンス器官を持つため、短時間なら陸上を這って移動できるので、こんな名前がつきました。


こちらがキノボリウオの解説パネルです。

●最強メダカのベロネソックス


最強最強のメダカ・ベロネソックスの展示です。たしかに、メダカとしては10cmオーバーと大きいです。鋭い歯がならんでいる顎が印象的ですゆに。

でも、メダカなので、強いのか弱いのかわからない立ち位置が素敵ですね。


こちらがベロネソックスの解説パネルです。

●目玉が四つのヨツメウオ


目が上下に分かれていて、水面も水中も同時に見ることができる、ちょっと変わったメダカのヨツメウオも展示されていました。


こちらがヨツメウオの解説パネルです。

●不老不死のベニクラゲ


何度も無性繁殖を繰り返して甦る、不老不死のベニクラゲの展示です。とても小さなクラゲなので、虫眼鏡を使って観察します。


こちらがベニクラゲの解説パネルです。

●恐い顔のワラスボ


とっても恐い、エイリアンのような顔つきをしたワラスボの展示です。なんでも、地元熊本では食用にもされるハゼの一種とのことです。


こちらが、ワラスボの解説パネルです。

●陸に上がる魚ヨダレカケ


最後にご紹介するのが、魚なのに岩に登るヨダレカケという魚です。残念ながら、びっくりして隠れてしまい、一瞬しか見ることができませんでした。

ごめんなさい。写真も撮れませんでしたので、ぜひ実際に鳥羽水族館に足を運んでご覧くださいませ。


こちらがヨダレカケの解説パネルです。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク