鳥羽水族館のふれあい水槽&タイム|近海魚・ゾウガメ・ヘビ・トカゲ・タカ・フクロウ

■鳥羽水族館のふれあい水槽&タイム

●近海魚・タカ・フクロウ・ヘビ・カメ・トカゲなどが触れる


最近の水族館の全国的なブーム・流れとして「生き物とのふれあい」がありますが、鳥羽水族館でもふれあい体験はできるのでしょうか?

答えはイエスです。

鳥羽水族館でふれあい体験ができるのは、主に二ヶ所となっており、それは「近海魚ふれあい水槽」と「奇跡の森ふれあいタイム」です。

●鳥羽水族館のふれあい水槽


こちらが鳥羽水族館のふれあい水槽の全景で、場所はアクアプロムナードゾーンにあります。

この水槽に入っているのは、タイ・メバル・タコ・エイ・ヒトデ・ナマコ・アナゴなど、いわゆる「近海魚」です。

ちょっと飲食店の生け簀っぽいですが、捕まえてもお持ち帰りはできません。念のため。

●奇跡の森のふれあいタイム

また、奇跡の森ゾーンでは一日一回正午前後にふれあいタイムが実施されており、触ることができる生き物たちは以下の通りです。

・ハリスホーク


ハリスホークはタカの仲間で、とてもよくなついており、背中にタッチすることができます。

・ヨーロッパミミズク


オレンジ色でまん丸の目玉がチャームポイントのヨーロッパミミズクもふれあいタイムに登場します。

とても表情豊かで可愛らしいですよ。

・ケヅメリクガメ


普段は飼育場のなかにいるケヅメリクガメも、ふれあいタイムには出てきてくれます。

・ゾウガメ


奇跡の森のふれあいタイムに、ケヅメリクガメと一緒に登場するのが、こちらのゾウガメです。

ピンセットを使って餌やり体験もでき、とても楽しくおすすめです。

・フトアゴヒゲトカゲ


フトアゴヒゲトカゲも奇跡の森のふれあいタイムに登場します。トゲトゲしていて外見もちょっと怖いのですが、すごくおとなしくて可愛らしいですよ。

・ボールパイソン


最後にご紹介するのが、こちらのボールパイソンです。

女子的には、触るのがちょっとためらわれますが、とてもよくなついており噛まれたりはしません。

・ドクターフィシュも人気


奇跡の森のドクターフィシュの池も、ふれあい体験ができる穴場スポットです。池に手を入れると、数えきれないほどたくさんのドクターフィシュが寄ってきて、手の角質を食べてくれるんですよ。

こちらは、時間制限なしでいつでも触ることができます。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク