鳥羽水族館のクリオネ|極地の海ゾーンの神秘のハダカカメガイ

■鳥羽水族館のクリオネ

●極地の海ゾーンで見ることができる


流氷の天使とも呼ばれ、日本では北海道北部の沿岸にしか分布しないクリオネですが、鳥羽水族館の極地の海ゾーンでは通年見ることができます。

●クリオネってどんな生き物?


クリオネは正式にはハダカカメガイと呼ばれる、貝殻のない浮遊性の貝の仲間です。

その神秘的な外観とは裏原に、実は肉食で、同じ浮遊性貝類のミジンウキマイマイを捕食します。

ちょっと怖いですね。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク