鳥羽水族館にベルーガ・イッカク・シャチ・マンボウはいるの?

■鳥羽水族館にベルーガ・イッカク・シャチ・マンボウはいるのか

鳥羽水族館を見学中に、来館した人たちの会話からよく聞こえるのが、ベルーガ・イッカク・シャチ・マンボウはどこ?

という会話があります。今回は、その疑問にお答えします。

●ベルーガにそっくりなスナメリがいる


鳥羽水族館には、残念ながらベルーガ(白イルカ)はいません。それはお隣の県の名古屋の水族館ですが、意外と勘違いしている方も多いみたいです。

でも、鳥羽水族館にはベルーガにそっくりの(個人的にはベルーガよりも可愛い)、スナメリがいます。

とても人なつっこくて、ガラスの前でバブルリングを披露してくれることもあります。

●イッカクの実物大模型などがある


イッカクは、まだ飼育に成功している水族館は、世界にもないはずです。ですので、鳥羽水族館にもイッカクはいません。

しかし、北極まで調査隊を出したことでも知られる鳥羽水族館ですから、その時の野生のイッカクの映像とともに、実物大の模型が展示されています。

場所は「極地の海」です。

●シャチではなくてイロワケイルカがいる


鳥羽水族館の隠れた人気者イロワケイルカを眺めていると、「これってシャチ?」という会話をしばしば耳にしますが、鳥羽水族館にシャチはいません。それもお隣の名古屋の水族館です。

●マンボウはいない

時々ですが、マンボウを探している人を見かける(耳にする)こともありますが、鳥羽水族館にマンボウはいません。それはお隣の志摩市にある水族館です。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク