奇跡の森|鳥羽水族館の両生爬虫類の楽園~スナドリネコも

■奇跡の森

●このゾーンの概要


奇跡の森は、以前は「森の水辺」と名付けられた温室でしたが、2015年に全面リニューアルされ現在の名称となりました。

「森の水辺」時代からの両生爬虫類の展示に加え、ゾウガメやスナドリネコの展示も追加された、巨大冒険テラリウム空間です。

また、ドクターフィッシュと触れ合ったり、一日一回飼育員さんにつれられた猛禽類・ヘビ・トカゲとふれ合うイベントも開催されています。

※ふれ合いタイム
毎日11:45から15分程度

●このゾーンの主な展示水槽

スナドリネコテラリウム・ゾウガメ水槽・爬虫類中型水槽(5本)・カエル小型水槽(8本)

●このゾーンの主な展示生物

スナドリネコ・ゾウガメ・イグアナ・ドクターフィッシュ・ボールパイソン・カメレオン・カエルたち

●このゾーンのファンポイント

このゾーンで絶対に押さえておきたいのが、毎日11:45からのふれ合いタイムです。日によって出てくる生き物も違うので、何度行っても飽きません。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク