サイト内検索

【アカハナグマ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



アカハナグマの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

アカハナグマとはどんな生き物?



アカハナグマ (Nasua nasua) はハナグマ属に属する哺乳類の1種。南米に生息する。体重2–7.2 kg、全長85–113 cmになるが、全長の半分は尾が占める[3]。体色は個体差が大きく、尾の縞模様は薄れることもある。だが吻部は白くならず、この点で中米に分布するハナジロハナグマと区別できる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アカハナグマ

アカハナグマの分布



アカハナグマは南アメリカ大陸の熱帯から亜熱帯域地域に広く分布しています。

アカハナグマの生態



アカハナグマは小型~中型犬程度の大きさです。昼行性で森林部を中心に生息しています。メスは10~30匹程度の群れをつくりますが、オスは単独で生活します。木登りの比較的上手で、樹上でも活動します。

アカハナグマの餌



アカハナグマは雑食性で、主に果実・無脊椎動物・他の小動物・鳥の卵などを食べています。

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク