サイト内検索

【トゲモミジガイ生態フリー画像図鑑】分布・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



トゲモミジガイの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

トゲモミジガイとはどんな生き物?

トゲモミジガイ(棘紅葉貝、Astropecten polyacanthus) は、ヒトデ綱モミジガイ科のヒトデ。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/トゲモミジガイ

トゲモミジガイの分布

トゲモミジガイは太平洋西部からインド洋にかけての温帯~熱帯海域に分布しており、浅い砂地や干潟に生息しています。

トゲモミジガイの大きさ

トゲモミジガイは輻長約7cm~10cmになります。

トゲモミジガイの毒

トゲモミジガイは体内にフグ毒であるテトロドトキシンを持っているため、取り扱いには注意が必要です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク