サイト内検索

【カツ丼のカロリー】栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量を解説



カツ丼のカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分量をご紹介します。

カツ丼とはどんな食べ物?

カツ丼(カツどん、英語:Katsudon)は、丼鉢に盛った飯の上にカツを乗せた日本の丼料理である。多くの場合、カツ丼のカツにはトンカツを使用するが、ビーフカツ、チキンカツ、メンチカツ、海老カツといったカツを使用したカツ丼も存在し、それぞれ、「ビーフカツ丼」、「チキンカツ丼(卵綴じ限定で「親子カツ丼」と別呼称される)」などと呼ばれ、牛肉料理や鶏肉料理の専門店では、これらを単に「カツ丼」と呼ぶこともある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/カツ丼

カツ丼のカロリーと栄養素

カツ丼1人前500gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:915kcal
タンパク質:32.55g (130.2kcal)
脂質:33.2g (298.8kcal)
炭水化物:112.3g (449.2kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

三大栄養素について

タンパク質は身体(骨格筋や内臓)の材料となる栄養素です。また、炭水化物は即効性の高いエネルギー、脂質は持久的なエネルギーとなります。三大栄養素のいずれも、過剰に摂取すると脂肪として身体に蓄えられます。

食品成分表示の活用



平成27年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装された加工食品に関しては、その食品の栄養成分を表示することが義務づけられました。また、多くの外食店でも自主的に栄養成分の表示が行われています。

しかしながら、それ以外の食品(非包装食材)や個人規模の外食店等で販売されている食材・食品では栄養成分表示が行われていません。

インターネット検索などを活用し、口にする食品の栄養成分をできるだけ把握することはとても大切です。

参照サイト:厚生労働省eヘルスネット「栄養成分表示の活用」

なお、具体的な食事の栄養バランスのとり方は下記のページをご参照ください。


食事バランスガイド(基本編)|厚生労働省

主な食品の栄養解説の一覧ページ


主な食品のカロリー・栄養素を解説した個別記事の一覧ページはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク
当サイトで人気の生き物種類図鑑紹介
クラゲの種類図鑑深海魚の種類図鑑
クジラの種類図鑑古代生物種類図鑑
サメ類の種類図鑑巨大生物種類図鑑
ウミウシ種類図鑑恐竜類の種類図鑑
ペンギン種類図鑑危険生物種類図鑑
クワガタ種類図鑑コケ植物種類図鑑
カブト虫種類図鑑ミジンコ種類図鑑
淡水魚の種類図鑑熱帯魚の種類図鑑
その他の生物種類図鑑の一覧はこちら

スポンサーショップ


当サイト協賛ショップ

マズレンコ製作所日本正規輸入代理店


スポンサーリンク