サイト内検索

【モンツキハギの生態と飼い方】生物学の博物館学芸員が分布・餌と適正な水温・水槽サイズを解説



モンツキハギの生態(分布域や食性)・飼育方法(適正水温と適切な水槽サイズ)について博物館学芸員の筆者が、長年の飼育経験に基づき解説します。

モンツキハギとはどんな生き物?

モンツキハギ (紋付剥、学名:Acanthurus olivaceus、英名:Orangespot surgeonfish)は、スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科に属する魚。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/モンツキハギ

モンツキハギの分布域

モンツキハギは太平洋西部・中部からインド洋にかけての熱帯珊瑚礁海域に分布しています。国内では南日本の太平洋沿岸・伊豆諸島・小笠原諸島・琉球列島で見ることができます。

モンツキハギの大きさ

モンツキハギは最大で全長25cmになります。

モンツキハギの適正水温と水槽サイズ

モンツキハギは高水温帯(25〜28℃)で飼うことができます。

また、大型水槽(120cm)・超大型水槽(180cm)・水族館規模の水槽で飼育可能です。

モンツキハギの食性(餌)

モンツキハギは野生では藻類やデトリタス(沈降性有機物)などを餌として食べています。

飼育下ではキャベツ・レタス・フレーク状の配合飼料などを与えるとよいでしょう。

海水魚水槽の基本セット



海水魚の飼育には水槽・外部フィルター・エアレーション・照明などの基本器具が必要です。また、適正飼育水温にするために、魚種にあわせてサーモヒーター・チラーが必要になる場合もあります。

なお、淡水魚の場合と違い、投げ込みフィルターは濾過能力不足のため、上部フィルターは塩が散るため適しません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク