サイト内検索

【デンキウナギの生態と飼い方】生物学の博物館学芸員が分布・餌と適正な水温・水槽サイズを解説



デンキウナギの生態(分布域や食性)・飼育方法(適正水温と適切な水槽サイズ)について博物館学芸員の筆者が、長年の飼育経験に基づき解説します。

デンキウナギとはどんな生き物?

デンキウナギ(電気鰻、学名:Electrophorus electricus、英語名:Electric eel)は、デンキウナギ目ギュムノートゥス科デンキウナギ属に分類される硬骨魚類の一種。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/デンキウナギ

デンキウナギの分布域

デンキウナギは南アメリカ大陸のアマゾン川・オリノコ川両水系に分布しています。

デンキウナギの大きさ

デンキウナギは最大で全長200cmになります。

デンキウナギの適正水温と水槽サイズ

デンキウナギは高水温帯(25〜28℃)で飼うことができます。

また、大型水槽(120cm)・超大型水槽(180cm)・水族館規模の水槽で飼育可能です。

水質は弱酸性・中性を好みます。

なお、同種間では感電しませんが、ごく稀に(体表粘液の調子が良くないなど)感電してしまいます。この場合、感電個体は大量の粘液をだして水がドロドロになり、同居個体も酸欠死するケースがあります。

基本的には単独飼育をおすすめします。

また、メンテ時に人間が感電しても電流値が弱いため大事には至りません。ただし、電圧が800Vほどあり相当な衝撃を受けます(かなり痛い)。

ですので、ガラス掃除などは半落水して柄のついたブラシなどで行い、直接水槽に手を入れないほうが無難です。

デンキウナギの食性(餌)

デンキウナギは野生では魚種や甲殻類などを餌として食べています。

飼育下では魚の切り身やむきエビなどを与えるとよいでしょう。

なお、本種は腸管が著しく短いため、一日おきなど高頻度で少しずつ餌を与えたほうが元気に育ちます。  

大型淡水魚水槽の基本セット



大型淡水魚の飼育には水槽・外部フィルター・エアレーション・照明などの基本器具が必要です。また、適正飼育水温にするために、魚種にあわせてサーモヒーター・チラーが必要になる場合もあります。

なお、小型淡水魚の場合と違い、投げ込みフィルターや上部フィルターは濾過能力不足のため適しません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク