サイト内検索

【アカハライモリの飼い方】餌・混泳や繁殖など飼育方法を生物学学芸員が解説



アカハライモリの家庭水槽(アクアテラリウム)での初心者向き飼い方を博物館学芸員の筆者が、長年の経験をもとに解説します。

アカハライモリとはどんな生き物?

アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)は、有尾目イモリ科イモリ属に分類される両生類の一種。略してアカハラと呼ばれるほか、日本で単にイモリと呼ぶ場合本種を指すことが多い。ニホンイモリ(日本井守、日本蠑螈)という別名もある。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アカハライモリ

アカハライモリの特徴と飼い方

適正水質:中性~弱酸性
適正水温:20~28℃
餌の種類:冷凍アカムシ
繁殖:可能
混泳:可能

アカハライモリは温和な性質をしており、また、魚類など素早いものを捕まえることはほとんどないため、小型魚類や同種間の多頭飼育・混泳が可能です。

人工飼料にもよく餌付き、最終的には粒状のペレットでも問題なく飼育できます。

繁殖も容易で、雌雄を多数飼育していると水草などに卵を産みつけます。

孵化したオタマジャクシにはブラインシュリンプやミジンコを与えるとよく食べ、やがて鰓が消失して上陸します。

本種の繁殖・飼育でもっとも困難なのが上陸幼個体の飼育で、特に餌の確保が最重要となります。野外でアブラムシやアリを採集したり、餌コオロギのSSサイズを与えると一定数の個体は餌付きます。

※遺伝子のかく乱を避けるため、入手した生物は野外へは放流せずに必ず最後まで飼いきるようにしてください。

※日本産生物は種類・地域により保護されている場合がありますので、野外採集はせずブリード個体を入手してください。

アクアテラリウムとは



「アクアテラリウム」とは陸場と水場がある形式の水槽システムのことで、魚類以外の多くの水生昆虫・甲殻類・両生類・爬虫類を飼育する場合に必要になります。

アクアテラリウムでは、通常の水槽と違って水量が半分程度になりますので、あまり小さな30cmや45cmの水槽では水質が安定しません。やはり60cmクラス以上の水槽が必要でしょう。また、陸場を広くとるためには奥行き30cmタイプではなく45cmタイプをおすすめします。

詳しくは下記の関連記事で必要な機材から具体的な組み立て方まで解説していますのでご参照ください。

関連記事



アクアテラリウムの作り方と飼育生物一覧|博物館学芸員が必要な器材を解説

日本産淡水魚・飼育種類図鑑



日本産淡水魚の家庭飼育向きの種類を厳選し解説しているのが下記の記事です。魚類飼育歴20年以上の博物館学芸員が執筆したものです。

日本の淡水魚・飼育種類図鑑|それぞれの特徴と家庭水槽での飼い方(水槽のセット方法)


スポンサーリンク
スポンサーリンク