サイト内検索

【マオナガ生態フリー画像図鑑】分布・大きさ・餌・繁殖などを生物学博物館学芸員が解説



マオナガの生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

マオナガとはどんな生き物?

マオナガ(真尾長) 学名:Alopias vulpinus(Common thresher)は、ネズミザメ目オナガザメ科に属するサメ。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/マオナガ

マオナガの分布



マオナガは世界各地の亜寒帯から熱帯にかけての外洋に広く分布しています。

マオナガの大きさ

マオナガは最大全長7.6mと超大型のサメ類です。

マオナガの繁殖

マオナガは胎盤を形成しない卵食型の胎生で、妊娠期間は約9ヶ月、一度に2~4尾を産みます。

マオナガの食性

マオナガは主に外洋性の魚類を餌としますが、底生性魚類やイカ・タコなどの頭足類、甲殻類を捕食します。また、海鳥を捕食した例も観察されています。

サメの種類図鑑


【サメ種類図鑑・全9目一覧】生物学芸員が各種(巨大・凶暴[人食い]・深海・希少など)のほか化石・古代のものも解説

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク