サイト内検索

【ハイエナ生態フリー画像図鑑】種類・分布・餌などを生物学博物館学芸員が解説



ハイエナの種類と生態(分布・餌・寿命・繁殖など)について、生物学の博物館学芸員である筆者がフリー画像写真をまじえながら解説します。

ハイエナとはどんな生き物?



引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイエナ

ハイエナの分布



ハイエナには4種があり、インドから中東、アフリカ大陸に分布しています。ハイエナ4種については次の項目で解説します。

ハイエナの種類

ブチハイエナ|Crocuta crocuta・Spotted hyena



別名マダラハイエナ。サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に分布。

シマハイエナ|Hyaena hyaena・Striped hyena


別名タテガミイヌ。サハラ砂漠以北のアフリカ北部~中東~インドに分布。

カッショクハイエナ|Parahyaena brunnea・Brown hyena


別名チャイロハイエナ。アフリカ南部に分布する。

アードウルフ|Proteles cristatus・Aardwolf  


別名ツチオオカミ。北東アフリカと南アフリカに分断的に分布。他のハイエナと異なりシロアリを専食する。

ハイエナの大きさ


ハイエナは、最大種のブチハイエナで体長95~165cm・体重40~80kg、最小種のアードウルフで体長85~105cm・体重9~14kgです。

ハイエナの餌


ハイエナは他種の狩った獲物の残りを食べることも多いですが、小動物を捕食したり、群れで中型の動物を狩ることもあります。

動植物の種類図鑑の一覧ページ


プランクトンから巨大生物・古代生物から現生種まで様々な動植物の種類図鑑はこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク