サイト内検索

【オカヤドカリの飼い方】餌・混泳や繁殖など飼育方法を生物学学芸員が解説



オカヤドカリの家庭水槽(アクアテラリウム)での初心者向き飼い方を博物館学芸員の筆者が、長年の経験をもとに解説します。

オカヤドカリとはどんな生き物?

オカヤドカリ(陸宿借、陸寄居虫)は、熱帯域に広く分布するヤドカリの仲間で、和名の通り成体が海岸付近の陸上部で生活する。分類上は、エビ目・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属(Coenobita)に属するヤドカリの総称。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/オカヤドカリ

オカヤドカリの種類

日本に生息するオカヤドカリ(Coenobita属)には以下の種類があります。

オオナキオカヤドカリ C. brevimanus
オカヤドカリ C. cavipes
コムラサキオカヤドカリ C. violascens
サキシマオカヤドカリ C. perlatus
ナキオカヤドカリ C. rugosus
ムラサキオカヤドカリ C. purpureus
オオトゲオカヤドカリ C. spinosus

オカヤドカリの特徴と飼い方

適正水質:中性~弱酸性
適正水温:0~28℃
餌の種類:ドッグフード・昆虫ゼリー
繁殖:ほぼ不可能
混泳:可能

オカヤドカリは陸生の強い種類のため、アクアテラリウムの水場は最小限で問題ありませんが、水場があると喜んで入るので不必要という訳ではありません。

ただし、オカヤドカリが完全に水没するほど水場が深いと溺れる場合があるので浅めに設定することが大事です。

餌はドッグフードを主体に昆虫ゼリー(給水のため)を与えます。

本種はあまり捕食性が強くないため、他種との混泳も不可能ではありません。

なお、本種は脱皮のときに地中深く潜る習性があり、飼育下では脱皮が困難なため長期飼育自体が困難です。このため、飼育下での繁殖はほぼ不可能と言えます。

※遺伝子のかく乱を避けるため、入手した生物は野外へは放流せずに必ず最後まで飼いきるようにしてください。

※日本産生物は種類・地域により保護されている場合がありますので、野外採集はせずブリード個体を入手してください。

アクアテラリウムとは



「アクアテラリウム」とは陸場と水場がある形式の水槽システムのことで、魚類以外の多くの水生昆虫・甲殻類・両生類・爬虫類を飼育する場合に必要になります。

アクアテラリウムでは、通常の水槽と違って水量が半分程度になりますので、あまり小さな30cmや45cmの水槽では水質が安定しません。やはり60cmクラス以上の水槽が必要でしょう。また、陸場を広くとるためには奥行き30cmタイプではなく45cmタイプをおすすめします。

詳しくは下記の関連記事で必要な機材から具体的な組み立て方まで解説していますのでご参照ください。

関連記事



アクアテラリウムの作り方と飼育生物一覧|博物館学芸員が必要な器材を解説

日本産淡水魚・飼育種類図鑑



日本産淡水魚の家庭飼育向きの種類を厳選し解説しているのが下記の記事です。魚類飼育歴20年以上の博物館学芸員が執筆したものです。

日本の淡水魚・飼育種類図鑑|それぞれの特徴と家庭水槽での飼い方(水槽のセット方法)


スポンサーリンク
スポンサーリンク