【アノマロカリス】始まりの頂点捕食者|再現CG動画つきで古代生物を解説

20160907112823250.jpg

アノマロカリス(学名:genus Anomalocaris)は、今を遡ることおよそ5億2,500万年~約5億0,500万年前のカンブリア紀の海に棲息していた節足動物(推定)で、原始の海を最初に制覇した始まりの捕食性頂点動物・古代生物で、大きさは2mにも達しました。



■アノマロカリスとはこんな生物



こちらの動画は、アノマロカリスをはじめとして、古生代カンブリア期に生息した不思議な生物たちの様子を再現したCG動画です。

■アノマロカリスの分類学的な扱い

アノマロカリスは分類上、便宜的に節足動物の一種とされることが多いのですが、その形態的特長は節足動物のそれと完全に一致はせず、有爪動物と節足動物の中間的存在であるとする説もあります。

■アノマロカリスの化石と出土層

AnomalocarisFossil.png

Anomalocari.jpg

こちらは実際に出土したアノマロカリスの化石で、最大のものでは全長2mもあります。アノマロカリスの出土層は、バージェス頁岩累層と呼ばれ、5億年前よりも新しい地層から本種が出土することはほとんどありません。

■アノマロカリスの形態

アノマロカリスの形態は、若干扁平な楕円形おしており、頭部と胴部の境目にくびれがあり区別することが可能です。頭部上面には体躯に対して大型の眼があり、横方向に飛び出しています。これは、捕食者として「眼で獲物を探した」ためと考えられています。

口器は円筒状をしており、その前部には一対の触手を持っていました。この触手は、現世のエビ類の触覚に似た働きをしていたと推測されています。

胴部には横に大きく突出したヒレ状の構造物が13対あり、これを使って遊泳したと考えられていますが、この構造物が現世甲殻類の脚にあたるものなのか、全く由来の異なる器官なのかは意見が分かれるところです。

■アノマロカリスの生態

アノマロカリスは、その時代の頂点捕食者であったと考えられています。ただし、どのように獲物を捕獲し、どのように摂食したかは未だ完全には解明されていません。

口器には「噛む」機能はなく筒状で、その内側には歯状構造がびっしりと生えており、この歯は消化管の中まで生えていました。

なんなかの形で捕獲した獲物を、丸飲みに近い形で吸い込み、消化管内で砕いて消化していたようです。

■アノマロカリスの泳ぎ方

分類学的にもまだまだ解明されていない部分の残るアノマロカリスですが、その遊泳方法は現生のホウネンエビ(類縁関係はなし)に似ていたと推測されています。



こちらは、現生の甲殻類で、田んぼなどに発生するホウネンエビの動画です。ホウネンエビの泳ぐ姿にアノマロカリスの姿を思い浮かべるのも太古のロマンがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク