サイト内検索

【イチモンジタナゴの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を生物学学芸員が解説



イチモンジタナゴの家庭水槽での初心者向き飼い方を博物館学芸員の筆者が、長年の経験をもとに解説します。なお、滋賀県産の本種は保護のため採集が禁止されています。

■イチモンジタナゴとはどんな魚?

イチモンジタナゴ(一文字鱮、学名:Acheilognathus cyanostigma)は、コイ目コイ科タナゴ亜科タナゴ属に属する淡水魚である。日本固有種。琵琶湖・淀川水系、由良川水系、濃尾平野(木曽三川およびその周辺)、紀の川水系、三方湖に分布する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/イチモンジタナゴ 

■イチモンジタナゴの特徴と飼い方

●温和な性質で飼いやすく繁殖も可能

適正水質:中性~弱酸性
適正水温:0~28℃
餌の種類:アカムシやテトラミンなどフレーク状配合餌料
繁殖:可能
混泳:可能

イチモンジタナゴは温和な性質をしており、飼いやすく混泳も可能です。

繁殖は春から夏にかけて行われ、大型のドブガイやカラスガイといった淡水産二枚貝に産卵します。

なお、二枚貝を入れるとオス同士が激しく争い始めるので注意が必要です。また、産卵可能なメスはお腹が膨らみ産卵管が伸びてくることで見分けることができます。 

孵化した仔魚は比較的口が大きいので、ブラインシュリンプやすり潰した配合飼料で育成可能です。 

また、産卵に使う二枚貝は植物プランクトンを餌にするため、水槽内では長期飼育が不可能です。このため、屋外にアオコが発生するようなため水を作り、そこで二枚貝を飼育し、定期的にローテーションする必要があります。 

※遺伝子のかく乱を避けるため、入手した日本産淡水魚は野外へは放流せずに必ず最後まで飼いきるようにしてください。

※日本産淡水魚は種類・地域により保護されている場合がありますので、野外採集はせずブリード個体を入手してください。

■初心者向き家庭用水槽セット

●エアーフィルターor上部フィルターor外部フィルターの三択

家庭用の水槽セットには、大きくエアーフィルター・上部フィルター・外部フィルターの三種類のシステムがあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

・エアーフィルター



もっともシンプルな水槽セット・システムでトラブルが少なく扱いやすい反面、ろ過能力は低めで週一回頻度の水換えとフィルター掃除が必要です。水草には不向きです。

・上部フィルター



もっとも一般的な家庭用水槽セット・システムでメンテナンスが簡単で、フィルター掃除や水換えも月に一回頻度でかまいません。水草には不向きです。

・外部フィルター

powerfilter.jpg

もっとも高性能な家庭用水槽セット・システムで水換えは月に一回、フィルター掃除は年数回でかまいません。水草を楽しむなら必須のシステムです。

これら三種類のろ過システムから、飼育したい魚の数や水草の有無で適正なタイプを決めてください。

▼おすすめ水槽セット

【おすすめ水槽セット】初心者のアクアリウム立ち上げと飼育法|生体通販販売価格もご紹介

■ミジンコ・ブラインシュリンプ・クロレラ・ウィローモスの入手方法


当サイトでは魚類稚魚の初期餌料やクラゲ類の基本餌料として必要不可欠なミジンコ(耐久卵)とブラインシュリンプ(乾燥卵)およびこれらの餌料として扱いやすい乾燥クロレラ、また産卵床やレイアウトの基本となるウィローモスの販売をしています。ぜひ、ご利用ください。

タマミジンコ・ブラインシュリンプの耐久乾燥卵と乾燥クロレラ・ウィローモスの入手はこちらから


■日本産淡水魚・飼育種類図鑑


日本産淡水魚の家庭飼育向きの種類を厳選し解説しているのが下記の記事です。魚類飼育歴20年以上の博物館学芸員が執筆したものです。

日本の淡水魚・飼育種類図鑑|それぞれの特徴と家庭水槽での飼い方(水槽のセット方法)

関連記事



アクアテラリウムの作り方と飼育生物一覧|博物館学芸員が必要な器材を解説


スポンサーリンク
スポンサーリンク