フォトジェニックアクアリウム|鳥羽水族館の2018年ゴールデンウィーク企画展


2018年4月21日から開催された、鳥羽水族館のゴールデンウィーク企画展「フォトジェニックアクアリウム」をさっそく訪れました。

■コンセプトはSNS映え

●きらびやかな水槽がずらり

コンセプトは「SNS映えする写真が撮れる」ということで、きらびやかな水槽がならんでおりました。

さっそくご紹介していきますね。

●ヒオウギガイのフォトジェニックな壁


フォトジェニックアクアリウムの展示室の壁には、色とりどりのヒオウギガイの殻で作られたオブジェが飾られています。

ヒオウギガイは三重県でも多産する食用貝で、私のママ友のお父様が漁師さんをしている関係で、時々いただきますが、一つ一つの貝がそれぞれパステルカラーの違う色をしているんですね。

とっても不思議で綺麗なオブジェですので、まずはこちらで自撮りをしてくださいませ。

また、金魚の泳ぐ日本庭園風の箱庭オブジェも可愛らしいですよ。

●フォトジェニックアクアリウムコーナー


展示室の奥半分は暗幕で仕切られ、そのなかには色とりどりに光り輝く展示水槽が設置されています。

まずは、こちらのヒオウギガイ水槽です。

どうして一つ一つの貝が、こんなにも色が違うのか、やっぱり不思議ですね。


こちらは熱帯の淡水魚の水槽で、鮮やかにライトアップされた水中には、気持ち良さそうに泳ぐネオンテトラやグラスキャットフィッシュが暮らしています。

とっても幻想的で素敵です。


こちらは、くるくると水流でまわるクラゲ水槽が幻想的にライトアップされています。

クラゲって、見ていると癒されて、時間が経つのを忘れてしまいます。


また、可愛らしくライトアップされたグラスのなかに、小さなザリガニも展示されていました。

●海藻ハーバリウム


こちらは、鳥羽水族館2018年、春の企画展でも紹介されていた海藻ハーバリウムです。

ライトアップされると、グッとシックなイメージになり、また違った趣がありますね。

春の企画展で展示されていた海藻ハーバリウムについては、下記のページをご覧くださいませ。

鳥羽水族館2018春イベント・トバサクラリウム|海藻ハーバリウム教室も開催

●水草ボトリウム


今回は海藻だけでなく、水草のボトリウムも新たにお目見えでした。

可愛らしくて、女子的にはたまりません。

私もお家でチャレンジしてみようかしら…

●フォトジェニックアクアリウムの基本情報

【期    間】2018年4月21日(土) ~ 5月6日(日)
【場 所】 企画展示室 ほか
【参加料】 入館料のみ必要
【イベント】
①「カラーフィルター」を使って自分だけのオリジナル水槽を作ろう

無料貸し出しされている、鳥羽水族館オリジナルの「カラーフィルター」を館内で使って、常設展示の水槽もフォトジェニックに撮影できます。

 ②SNSに写真を投稿して豪華商品をGET!鳥羽水フォトコンテスト

イベント期間中はSNS を使ったフォトコンテストが開催されています。館内で撮影した写真に「#鳥羽水族館フォト」とハッシュタグをつけてSNSに投稿し、鳥羽水族館でグランプリに選ばれた方には、「鳥羽シーサイドホテル」のペア宿泊券がプレゼントされます。

このほかにも準グランプリや特別賞があり、素敵なプレゼントをいただけます。

トップページに戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク