サイト内検索

【ベンケイガニの飼い方】餌・混泳や繁殖など飼育方法を解説



ベンケイガニの家庭水槽(アクアテラリウム)での初心者向き飼い方を博物館学芸員の筆者が、長年の経験をもとに解説します。

ベンケイガニとはどんな生き物?

ベンケイガニ(弁慶蟹)、学名 Orisarma intermedium は、十脚目ベンケイガニ科(旧分類ではイワガニ科)に分類されるカニの一種。インド太平洋沿岸の熱帯・温帯域に広く分布し、海岸の塩性湿地や川辺に生息する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ベンケイガニ

ベンケイガニの特徴と飼い方

適正水質:中性~弱酸性
適正水温:0~28℃
餌の種類:冷凍赤虫・配合飼料など
繁殖:困難
混泳:困難

ベンケイガニはアクアテラリウムがあれば比較的簡単に飼うことができる陸ガニです。

何でもよく食べ、夏の暑さにも強い頑健な種類です。

何でもよく食べるので、他の魚や脱皮したての甲殻類も捕食するため他種との混泳には向きません。同種との多頭飼育も隠れ場所を多くするなど共食いには最大の注意を払います。

本種は普段は淡水域で暮らしていますが、産卵期になると河口域近くに移動して、海に向けて幼生を放ちます。

このため、家庭での繁殖はかなり困難ですが、15‰(パーミル)程度の汽水を用意しておけば、幼生を産まれさせることは可能です。その後、アルテミア幼生などを餌として与えれば育成も可能ですが、そこから稚ガニに変態させ、さらに上陸させるのは相当難しくなります。

※遺伝子のかく乱を避けるため、入手した生物は野外へは放流せずに必ず最後まで飼いきるようにしてください。

※日本産生物は種類・地域により保護されている場合がありますので、野外採集はせずブリード個体を入手してください。

アクアテラリウムとは



「アクアテラリウム」とは陸場と水場がある形式の水槽システムのことで、魚類以外の多くの水生昆虫・甲殻類・両生類・爬虫類を飼育する場合に必要になります。

アクアテラリウムでは、通常の水槽と違って水量が半分程度になりますので、あまり小さな30cmや45cmの水槽では水質が安定しません。やはり60cmクラス以上の水槽が必要でしょう。また、陸場を広くとるためには奥行き30cmタイプではなく45cmタイプをおすすめします。

詳しくは下記の関連記事で必要な機材から具体的な組み立て方まで解説していますのでご参照ください。

関連記事



アクアテラリウムの作り方と飼育生物一覧|博物館学芸員が必要な器材を解説

日本産淡水魚・飼育種類図鑑



日本産淡水魚の家庭飼育向きの種類を厳選し解説しているのが下記の記事です。魚類飼育歴20年以上の博物館学芸員が執筆したものです。

日本の淡水魚・飼育種類図鑑|それぞれの特徴と家庭水槽での飼い方(水槽のセット方法)


スポンサーリンク
スポンサーリンク