サイト内検索

【米茄子(べいなす)のダイエット向き食べ方】カロリー・栄養成分の特徴と適切な摂取タイミングを解説



米茄子(べいなす)のダイエット向きの食べ方を、そのカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分比率の特性を考慮してご紹介します。

米茄子(べいなす)とはどんな食べ物?

アメリカ品種ブラックビューティーを日本で改良した大型種で、ヘタが緑色なのが特徴。果肉は締まっていて、焼き物・炒め物・煮物などの加熱調理に向く。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナス

米茄子(べいなす)のカロリーと栄養素

米茄子(べいなす)100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:22kcal
タンパク質:1.1g (4.4kcal)
脂質:0.1g (0.9kcal)
炭水化物:5.3g (21.2kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

三大栄養素について

タンパク質は身体(骨格筋や内臓)の材料となる栄養素です。また、炭水化物は即効性の高いエネルギー、脂質は持久的なエネルギーとなります。三大栄養素のいずれも、過剰に摂取すると脂肪として身体に蓄えられます。

本食品のダイエットでの食べ方

本食品は高タンパク質低カロリーなので、ダイエット時の食事として適しています。ただし、過剰に摂取すると脂肪として蓄積されるので食べすぎには注意が必要です。

本食品はタンパク質とカロリーのバランスがとれた食品なので、ダイエット時の食事として適しています。ただし、高カロリー部分を取り除くなどの工夫が必要です。

本食品は高タンパク質ですが、カロリーも多く含むため高カロリー部分を取り除くなどの工夫をするとよいでしょう。

本食品はとてもカロリーが低い食品なので、物理的に満腹感を得るために食事量の「かさ増し」に有効です。

本食品は純度の高いカロリー食品なので、空腹時に少量を食べて血糖値を維持する、運動前のエネルギー補給などに有効ですが必要最低限の量にとどめる必要があります。

本食品は脂質が多い食品なので、少量を食べて腹持ちを良くする効果がありますが食べる量はごく少量にする必要があります。

本食品は調味料ですが、味が濃いと食べ過ぎる原因になりますのでダイエット時は薄味を心がけましょう。

健康的なダイエットとは



食品の流通が安定し、身の回りに食べ物があふれる現代日本では、過食による肥満が問題となっている一方で過剰なダイエットによる健康問題も懸念されています。

健康的で継続的な体形維持のためには、ダイエットの基本的な考え方・科学的理論を身につけ、適切な食事管理を行っていくことが大切です。

食生活や生活習慣が多様化した現在では、過食や運動不足による「肥満」や「メタボリックシンドローム」がある一方で、不健康なダイエットなどによる「やせ」も社会問題となっています。楽しく健康でいきいきと過ごすためには、適切な体重の認識と体重管理が大切です。

参照サイト:厚生労働省eヘルスネット「健康的なダイエット」

なお、具体的な食事の栄養バランスのとり方は下記のページをご参照ください。


食事バランスガイド(応用編)|厚生労働省

主な食品とダイエット解説の一覧ページ


主な食品とダイエットとの関わりを解説した個別記事の一覧ページはこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク