サイト内検索

【海老丼のカロリー】栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量を解説



海老丼のカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の成分量をご紹介します。

海老丼とはどんな食べ物?

海老丼(北海道美瑛町の純平にて)エビフライ(海老フライ)は、海老を多量の食用油で揚げた日本発祥の料理である。日本で開発されたフライ料理の一つであり、代表的な洋食料理である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/エビフライ

海老丼のカロリーと栄養素

海老丼1人前400gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:652kcal
タンパク質:22.76g (91.04kcal)
脂質:9.52g (85.68kcal)
炭水化物:110.96g (443.84kcal)

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

三大栄養素について

タンパク質は身体(骨格筋や内臓)の材料となる栄養素です。また、炭水化物は即効性の高いエネルギー、脂質は持久的なエネルギーとなります。三大栄養素のいずれも、過剰に摂取すると脂肪として身体に蓄えられます。

食品成分表示の活用



平成27年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装された加工食品に関しては、その食品の栄養成分を表示することが義務づけられました。また、多くの外食店でも自主的に栄養成分の表示が行われています。

しかしながら、それ以外の食品(非包装食材)や個人規模の外食店等で販売されている食材・食品では栄養成分表示が行われていません。

インターネット検索などを活用し、口にする食品の栄養成分をできるだけ把握することはとても大切です。

参照サイト:厚生労働省eヘルスネット「栄養成分表示の活用」

なお、具体的な食事の栄養バランスのとり方は下記のページをご参照ください。


食事バランスガイド(基本編)|厚生労働省

主な食品の栄養解説の一覧ページ


主な食品のカロリー・栄養素を解説した個別記事の一覧ページはこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク