サイト内検索

【ツナ缶のカロリー】栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の量とビタミン・ミネラルを解説



ツナ缶のカロリーと三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)をご紹介するとともに、本食品に豊富なビタミン・ミネラルについて解説します。

ツナ缶とはどんな食べ物?

ツナは、本来は生魚・魚肉の区別なく使う語だが、日本ではもっぱらマグロの油漬け缶詰を意味する言葉として用いられる。日本で販売されているツナ缶の原材料は、主にビンナガマグロ、キハダマグロ、カツオである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ツナ

ツナ缶のカロリーと栄養素

ツナ缶(油漬け)1食100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:267kcal
タンパク質:17.7g (70.8kcal)
脂質:21.7g (195.3kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

ツナ缶(水煮)1食100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:71kcal
タンパク質:16g (64kcal)
脂質:0.7g (6.3kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)
 
ビタミン・ミネラルではビタミンD・ナイアシンが特に豊富です。

なお、数値は「食品成分データベース(文部科学省)」を参照しています。

三大栄養素について

タンパク質は身体(骨格筋や内臓)の材料となる栄養素です。また、炭水化物は即効性の高いエネルギー、脂質は持久的なエネルギーとなります。三大栄養素のいずれも、過剰に摂取すると脂肪として身体に蓄えられます。

ツナ缶の主素材のカロリー・栄養素

ビンナガマグロ100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:117kcal
タンパク質:26g (104kcal)
脂質:0.7g (6.3kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

▼詳細記事

ビンナガのカロリー・栄養素および別名や漁獲方法・食べ方

魚介類の栄養解説の一覧ページ


主な魚介類のカロリー・タンパク質量を解説した個別記事の一覧ページはこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク