企画展示「山崎豊子先生の愛した賢島」を開催します

山崎豊子先生は、昭和30年(1955年)から平成19年(2007年)の間に幾度となく志摩市賢島の志摩観光ホテルを利用し、多くの作品の執筆活動を行われたことで知られています。
 また、賢島と志摩観光ホテルは、「華麗なる一族」(新潮文庫)や「女の勲章」(新潮文庫)の舞台としても描かれています。
 今回、本年9月で山崎先生の没後5年を迎えることを受け、山崎先生を偲び、先生の愛した賢島の地で、先生と賢島のつながりを紹介するとともに、関係者のご協力により、賢島での執筆活動時に使用していた机・椅子、また「華麗なる一族」の直筆原稿等を特別に展示します。
 入場無料です。ぜひお気軽にお越しください。

企画展示「山崎豊子先生の愛した賢島」ページ

開催場所:近鉄賢島駅2階 カフェ サミエール(三重県志摩市阿児町神明747-17)※伊勢志摩サミット記念館 隣接

開催期間:平成30年8月29日(水曜日)~9月17日(月・祝) 午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

※期間中無休。ただし天候の都合等により休止する場合があります。

展示内容:

・紹介パネル

・ホテルでの執筆活動に使用していた机・椅子

・「華麗なる一族」直筆原稿、進行表等

※うち、直筆原稿の特別公開日は、8月29日(水曜日)、9月1日(土曜日)、15日(土曜日)の3日間となります(通常日はレプリカを展示します)。

主催:志摩市(政策推進部総合政策課) 「賢島の魅力発信力向上事業」

協力:一般社団法人山崎豊子著作権管理法人、株式会社近鉄・都ホテルズ、株式会社近鉄リテーリング