平成29年度「志摩のふるさと給食」の実施及び生産者との交流会

志摩市教育委員会は、食材の豊富な志摩地域の地場産物を学校給食に積極的に取り入れ、学校給食を通して「食育」の推進を図るために、1月24日(水)に地場産物を使った「志摩のふるさと給食」を実施します。

また、当日は、大王小学校においてふるさと給食の使用食材「志摩のかつお節」の生産者(志摩市大王町波切2545-15 まるてん(有))と児童の交流会を予定しています。交流会では、生産者から志摩(波切)のかつお節の歴史や特徴などの説明を受け、かつお節(枯れ節)を昔ながらの削り機で生徒に削ってもらい給食で食べていただきます。

*献立:麦ご飯・牛乳・鶏肉のからあげ・白菜のおかかあえ・具だくさん汁

     (地場産物:志摩のかつお節)

白菜とかつお節との和え物、具だくさん汁のかつおだしに「志摩のかつお節」を使用します。

■開催日:平成30年1月24日(水)

■開催時間:給食の時間(交流会は給食前の11時30分頃からを予定)

■開催場所:市立小学校(11校)、中学校(7校)、

(交流会は大王小学校のみ)

■対象者:児童生徒、教職員

■問い合わせ先:志摩市教育員会事務局 教育総務課 志摩市学校給食センター

           担当 北村・石神

           TEL:0599-43-4735

           FAX:0599-43-5541

           e-mail:ky-gakkoukyusyoku@city.shima.lg.jp