理科教材「真珠をつくるアコヤガイ」を作成しました

アコヤガイ教材化の目的

 真珠は、志摩市の豊かな自然環境を活かし自然の恵みに最も高い付加価値を付けることに成功した、「新しい里海のまち・志摩」を代表する地域資源です。

 理科教材「真珠を作るアコヤガイ」は、学校の授業や体験事業でアコヤガイの解剖を行うことを通して、アコヤガイの体のつくりや真珠が形成される仕組みだけではなく、真珠養殖の歴史や真珠養殖業者の作業の大変さを子どもたちや観光客などに伝え、志摩市の豊かな自然環境と自然の恵みを生かす知恵の素晴らしさについての理解を深めることを目的に作成したものです。

akoyatext1.jpg

教材の構成

 本教材は、テキストと資料映像、アコヤガイで構成されます。

 テキストは中学校学習指導要領で規定されている中学校第2学年の理科の授業で使用することを前提に、三重大学や真珠に関わる皆さんの協力を得て作成しました。視覚的に分かりやすいよう図表等を使用し、「講義編」と「実習編」の2部構成となっています。講義編では真珠やアコヤガイに関する基礎的な知識を学び、実習編では実際にアコヤガイを解剖して、体のつくりや取り出された真珠の品質を確認します。また、アコヤガイの殻の開け方を撮影した映像資料も準備しました。

akoyatext2.jpg

テキストと映像資料の利用について

 志摩市内の小中学校及び高等学校には、志摩市から本教材のテキストと映像資料を電子データで提供します。また、これらの電子データは、アコヤガイの解剖を体験事業として実施することを希望する市内の個人や事業者や、市外の学校等が教材の利用を希望する場合には、第三者への提供を行わないこと、教材を販売目的で使用しないことなどを条件として提供させていただきます。利用料は無料です。利用申請手続きについては、理科教材「真珠をつくるアコヤガイ」利用申請要領をご覧ください。

理科教材「真珠をつくるアコヤガイ」利用申請要領.docx

〇提供する電子データの内容

 ・テキストデータ(マイクロソフトパワーポイント及びPDFファイル)

 ・テキスト概要書(PDFデータ)

 ・映像資料(MOV)

実習編で用いるアコヤガイについて

 実習編で解剖に使用するアコヤガイは、教材を利用する方が独自に入手する場合を除き、協力事業者から有料で購入していただくことになります。実際に挿核作業が行われているアコヤガイを解剖し、真珠を取り出しますが、アコヤガイの中で美しい真珠が形成される浜揚げ時期(12月~1月)以外にも実習を行うことを可能とするため、アコヤガイの凍結保存方向についても検討を行い、周年提供できる方法を開発しました。

170526a.jpg

 協力事業者にお願いして、浜揚げ時期のアコヤガイを一定量を冷凍保存してありますが、在庫数は多くありません。今後、教材の利用の状況を確認しながら協力事業者と連携して、数量・価格ともに安定して供給できるようにしていきたいと考えています。