志摩市における再生可能エネルギー発電設備の設置と自然環境等の保全との調和に関する条例の施行について

 近年、再生可能エネルギー源を利用した大規模な発電施設の建設やそれに伴う山林の伐採、土地の造成等により自然環境及び自然景観の消失並びに地域の一次産業及び住民生活への影響が懸念されています。そこで、志摩市では、発電設備の設置と自然環境等の保全との調和を図ることを目的に、新たな条例を制定しました。

志摩市における再生可能エネルギー発電設備の設置と自然環境等の保全との調和に関する条例

施行日:平成29年7月1日

詳しくは志摩市ホームページをご覧ください。