きんこ塾 塾生を募集しています

<きんこの生産推進の取り組み>

 市では、平成24年度から6次産業化推進事業として、きんこの生産推進に取り組んでいます。

 志摩市の郷土食であるきんこは、現在、生産者の高齢化が進み生産量が減少する等の課題が生じています。郷土食であるきんこを守っていくためにも、原材料である隼人芋の増産にむけて生産者の確保を行っていくことが必要です。

 

<きんこ塾とは>

 「きんこを作ってみたいが作り方がわからない」、「畑がないため芋の栽培ができない」など、きんこ作りに興味があっても生産を始めることができないという方のために、実際に芋の栽培からきんこの加工までの一連の作業を実践してもらう場が「きんこ塾」です。

 きんこ塾が全面的にバックアップして栽培・加工技術などを学んでもらい、きんこ作りの担い手となってもらうためのきっかけとなることを目的に行います。

 

◎きんこ塾 塾生の募集

<塾生の活動内容>

 ・隼人芋の栽培技術、知識の習得、隼人芋の栽培、きんこの加工技術・知識の習得、きんこの加工など

<塾生となるためには>

 下記の条件に全てあてはまる方が対象となります。

 ・市内に住所を有する方

 ・きんこ塾の取り組みを理解し、また、塾生みなさんで協力し、活動期間を通じて圃場管理を行っていただける方

<活動場所等>

 ・活動場所・・・志摩市阿児地区、志摩市志摩地区

 ・活動期間・・・平成29年5月~平成30年3月を予定

 ・受 講 料・・・10,000円(1年間)

 ・募集人数・・・10名程度

<応募方法>

 「申請書」に必要事項を記入して提出してください。

 「きんこ塾」塾生募集要項

 きんこ塾 塾生申請書

 【申請書の提出期限】

  平成29年4月28日(金)【必着】 ※定員になり次第終了 

 【申請書の提出場所及び問い合わせ先】

  志摩市 産業振興部 農林課 (志摩市役所本庁舎3階)

  TEL 0599-44-0288